WordPress

【WordPress】コピーライトを自動更新させる方法

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【WordPress】コピーライトを自動更新させる方法

この記事では「WordPressでコピーライトを自動更新させる方法」について解説します。

フッターによくあるコピーライトの年号を、PHPを使って自動更新させます。

この記事を読むと...
  • コピーライトを自動更新する方法が分かる
  • 色々なコピーライト取得方法が分かる
  • コーディング速度を上げて時給単価をもっと上げたい!
  • コードを管理する時間がないからまとめられたスニペット集が欲しい!

そういった方向けにNotionスニペットコーディング実践集を作成しました。

こちらのスニペットコーディング集でもFLOCSSを活用して効率的なコード集をストックしています。

ご興味ある方はあわせて読んで見てください!

あわせて読む

コピーライトを自動更新させる方法

コピーライトはフッターに記述することが多いです。コピーライトを静的に記述すると、以下のようになります。

〇 footer.php

<footer class="p-footer">

  <small>©2024 all rights reserved</small>

</footer>
<?php wp_footer(); ?>
</body>


</html>
.p-footer {
  background-color: orange;
  padding: 20px;
  text-align: center;
}
フッター

こちらのコピーライトの年号を、WordPressで動的に変更する場合は以下のように記述します。

<footer class="p-footer">
  <small>©<?php echo date('Y'); ?> all rights reserved</small>
</footer>
<?php wp_footer(); ?>
</body>


</html>

date()は、日付を取得する関数です。

date()の括弧の中に、’Y,m,d’’のように記述することができます。

Yが「年」、mが「月」、dが「日」をそれぞれ取得することができます。

例えば、以下のように記述すれば年月日それぞれ表示することができます。

<small>©<?php echo date('Y,m,d'); ?> all rights reserved</small>
フッター

ここでは、「Y」のみ記述しているため、「年」だけ取得してechoで表示している形になります。

なお、「Y」を以下のように小文字で記述した場合は、下二桁の数字を取得することができます。

 <small>©<?php echo date('y'); ?> all rights reserved</small>
フッター

以下のようなイメージで覚えておきましょう。

コピーライトを自動更新

まとめ

WordPressでコピーライトを自動更新させる方法について解説しました。

細かい箇所の解説になりましたが、自動更新できるようになると修正する手間を無くすことができるので、覚えておきましょう。

  • この記事を書いた人
アバター画像

こうだい

兼業でWeb制作事業|31歳|本業畑違いで知識0から学習開始→1年目で初案件獲得→2年で月の兼業受注金額70万円達成|4年目で100万円達成(今ここ)|兼業でも稼げることを確信|Web制作メンター|制作費無料のホームページ制作事業運営|コーディング・ホームページ制作のご依頼もお待ちしております

-WordPress
-,