WordPress

【WordPress】サイト制作必須プラグイン9選

2023年6月20日

※ 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

【WordPress】サイト制作必須プラグイン9選アイキャッチ画像
悩むWeb初学者
WordPressでサイト制作する際に必ず入れたいプラグインって何だろう??
実際に僕がサイト制作で使用している必須プラグインについて紹介していきます!
kodai

 

こんな方におすすめの記事

  • WordPressプラグインが何か分からない
  • サイト制作で必要なプラグインは何を使えばいいか分からない
  • サイト制作で必要なプラグインのおすすめが知りたい

 

WordPressのプラグインを活用していくことで、効率的・保守的にサイト制作・運営が可能になります。

ここで言う「サイト制作」とはエンドクライアントさん向け(1から個人向けにホームページ制作をする方)となります。

今回はその「サイト制作必須プラグイン9選」をご紹介していきます。

 

WordPressプラグインとは

WordPressプラグインは、WordPressサイトの機能を追加、カスタマイズするための拡張機能です。

WordPressプラグインには、さまざまな種類のものがあります。

たとえば、「フォーム作成プラグイン」、「SEO最適化プラグイン」、「キャッシュプラグイン」、「セキュリティ強化プラグイン」などがあります。

サイトの所有者や開発者にとって非常に便利で、必要な機能を追加するためにプログラミングの知識がなくても利用することができます!

 

サイト制作必須プラグイン9選

それではサイト制作で必ず入れておきたいプラグイン9選について紹介していきます。

サイト制作必須プラグイン9選

  • Smash Balloon Social Photo Feed
  • Widgets for Google Reviews
  • EWWW Image Optimizer
  • SiteGuard WP Plugin
  • Advanced Custom Fields (ACF)
  • BackWPup – WordPress Backup Plugin
  • XML Sitemap Generator for Google
  • SEO SIMPLE PACK
  • Contact Form 7

 

Smash Balloon Social Photo Feed

 

Smash Balloon Social Photo FeedはInstagramのフィード投稿を連動して表示させることができます。

個人で店舗ビジネスをしているクライアントさんであればInstagramとの相性がいいのですごく喜ばれます。

特に、美容系、飲食店、整骨院はInstagramをメインに集客しているので導入したいプラグインですね。

Instagramの埋め込み方法は以下の記事で解説しています。

 

Widgets for Google Reviews

Widgets for Google ReviewsはGoogleの口コミを自動反映するプラグインです。

こちらも店舗ビジネスをしているクライアントさんは導入したいプラグインとなります。

Googleの口コミを自動反映するのは凄く嬉しいですね!

デザインも綺麗に表示されるので違和感もありません。

 

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは画像の最適化を自動でするプラグインです。

容量の大きい画像をそのままメディアに追加することでサイトの表示速度が下がります。

表示速度が下がることでユーザー(サイト訪問者)の直帰率が上がります。

その様なことを防ぐためにも入れておきたいプラグインとなっています。

 

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Pluginはサイトのセキリュティを向上させるためのプラグインです。

WordPressは世界的に有名なCMS(コンテンツマネジメントシステム)で世界的に有名と言うこともありメリット・デメリットがそれぞれあります。

デメリットの一つとしてセキュリティ面が弱い。ということです。

不正アクセスによるWordPressの情報漏洩や急にログインができなくなるといったことも多いです。

WordPressのセキュリティ面強化をおこなう場合はこのプラグイン一つでOKです。

  • ログインURLの変更
  • ログインアラート
  • 画像認証(ログイン画面での文字入力)
  • ログインロック

上記の設定をするだけでも安心できます。

 

Advanced Custom Fields (ACF)

Advanced Custom Fields (ACF)はサイトの特定のデータや情報を保持するために使用します。

画像の差し替えを行う場合はここを編集するだけという様に、ユーザー(クライアントさん)がシンプルに編集できる様にする機能です。

こうすることでサイトの表示崩れを防止することができます。

オリジナルテーマ制作でもお馴染みのプラグインですね。

 

BackWPup – WordPress Backup Plugin

BackWPup – WordPress Backup Pluginとは、自動でサイトのデータ全てバックアップする機能となっています。

バックアップはサイト運営をする上で必須です。

セキュリティ強化をしていてもいつ何が起きるかわかりません。

そしてWordPress上で不具合が起こる可能性もあります。

いつ何が起きてもいい様に保険をかけておきましょう!

 

XML Sitemap Generator for Google

XML Sitemap Generator for Googleとは、XMLサイトマップを自動生成できるプラグインです。

XMLサイトマップを作成することでGoogleの検索エンジンにサイト構造を正しく伝えることができます。

内部SEO対策の一つとして重要な役割をするので必ず入れておきましょう!

 

SEO SIMPLE PACK

SEO SIMPLE PACKとは、SEO対策をするためのプラグインです。

すごくシンプルで扱いやすいのが特徴的となっています。

もともと「All in One SEO Pack」を使用していましたが、

  • 多機能過ぎる
  • 扱いきれない

ということから「SEO SIMPLE PACK」に変えました。

本当にシンプルで扱いやすいので、とりあえずSEO対策!

という方におすすめです。

 

Contact Form 7

Contact Form 7はお問い合わせフォームを簡単に作成することができるプラグインです。

お問い合わせフォームはオリジナルテーマ、テンプレートテーマどちらでも活用するの間違いなく必須のプラグインと言えます。

Contact Form 7の導入方法とカスタマイズ方法も覚えておくとよりリッチな制作が可能です。

 

 

プラグイン追加時の注意点

プラグイン追加時確認事項

有効インストール数」と「最終更新」を必ず確認しましょう。

また「WordPressの互換性」も重要な視点となります。

 

有効インストール数

有効インストール数」を確認する理由としては、プラグインを導入した際にウィルスに感染するリスクがあるからです。

無名の知らない人のプラグインは極力インストールを控えましょう。

知名度・信頼性が高いプラグインをインストールすることが大事です。

 

最終更新日

最終更新日が2年以上空いているものに関してはインストールをおすすめしません。

バグの対策やセキュリティ面での不具合が起きる可能性があるので、

最終更新日」はしっかり確認しましょう。

 

互換性

WordPressのテーマとプラグインの互換性はかなり重要です。

例えば「Cocoon」や「SWELL」のテーマを使用している場合に合う、合わないプラグインが存在します。

プラグインを導入する前には必ず互換性が問題ないか調べてからにしましょう。

プラグインが機能しなくなる。などの不具合が生じる可能性が出てきます。

 

まとめ

WordPressのサイト制作で必須プラグイン9選を解説しました。

WordPressのプラグインは便利な機能を簡単に導入しカスタマイズすることができます。

なんでも取り入れようとしてしまうと、容量が大きくなりサイト速度の低下を招いてしまいます。

そうならないために、本当に必要なものを厳選して導入する様にしていきましょう。

 

サイト制作を効率的にしたい方へ

効率的にサイト制作をしたい方におすすめなテーマは「SWELL」です。

デザイン性の高さ、カスタマイズ性どちらも備えているのでレビュー記事参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
アバター画像

こうだい

副業でWeb制作事業|30歳|本業畑違いで知識0から学習開始→1年目で初案件獲得→2年で月の副業受注金額70万円達成|副業でも稼げることを確信|Web制作メンター|制作費無料のホームページ制作事業運営

-WordPress
-,